おやすみ備忘録

芥川を研究する女学生です

阪急電車の車窓から

おもろいことを書こうと思うと途端に筆が、スマホ触る指が止まりますね。ESで難しい質問に当たったときみたいに。弊社の製品を1つあげて社会問題を解決しろって、じゃあ解決できるもんもっと作ってください。

 

気づけば梅の時期が終わり、桜の開花宣言も終わり、葉桜の時期になっていそうですね。昨年はオリンパスのミラーレスを片手に大阪城の梅園へ行きました。一眼レフ持つようになってからミラーレスの軽さ、優秀さが身にしみます。旅行でいろんなところに持って行くのであだ名は「尻軽ちゃん」、フットワークもケツ(重量)も軽いぜ!

 

車窓から見える景色ってちょっと感傷的な気持ちにさせられませんか。なんかこう、とても早いスピードで流れて行く景色の中にもその一瞬を生きている人たちがいて……こんな風に考える自分なんかアーティスティックじゃない?よっしゃ、はてなブログ開いて…、いざ、書こ……う?なんて書けばええんかな。と冒頭へ戻る。

 

就活

書くことがないから、といって書くのを辞めてしまうともったいないと思います。

先日受けた講義は「人に読ませる文章を書く」という内容でした。単位をもらうためには最低3つ作文を書いて提出しなければならなかったんですが、そりゃもちろん出しました。

1、作文嫌いやけど単位のためには書かんとなー、ほら書いたから単位よろしゅう

2、この前旅行したけどその話書くの飽きたから好きなお酒の話するわ

3、吉野家コピペのパロディ

 

 

 

これまでの三年間で無事確保した単位で4回生は自由な生活!を謳歌……出来るわけもなく3月から就活生をやっております。

 

ところで花粉症が酷いです。スーツの女学生が箱ティッシュ持ち歩いてるの、滑稽すぎませんか?

いつか大事な面接の日に人事の方が話してらっしゃるのを遮ってズッ、ズビーッ!グズグズ…と鼻をかむ日がくるでしょう。あ、ちゃんと持ち込む前に断りをいれますよ。きっと人事に箱ティッシュの子って言われるなあ。